審査請求のやり方。障害年金がもらえなくて落ち込むけれどやるべきたった一つのこと

こんにちは。三原たか です。

障害年金の不支給が決定した、
大人発達障害者です

障害年金がもらえない!
そんな通知が来たらショックで打ちひしがれてしまいますね

落ちこんでしまいますが、
それでもまだやるべきことが一つあります

審査請求を3ヶ月以内に申請することです

私は社労士を通して書類を作成しました
そのさいの審査請求のやりかたをまとめました

ご参考ください

 

審査請求を申請するやり方

審査請求に必要な書類は3つ
・審査請求書
・不支給通知のコピー
・審査理由の別紙

審査理由は、
請求書にまとめても良いですが、

一番重要な項目のため別紙として、
詳細に書くのがよいです

審査請求書 審査請求書

審査請求の書類はどこで入手できる?法定の様式はないです

法定の様式ではありませんが、
国税庁の機関である国税不服審判所でダウンロードできます
>>国税不服審判所 審査請求書の提出

また各自治体のHPにも審査請求の様式が提供されていることもあります

〇〇市+審査請求書 で検索してみると良いですよ

私は社労士に作成を依頼したため、
社労士事務所が作成した様式に書きました

審査請求の理由欄の書き方

私は社労士事務所に依頼し、
理由欄は別紙として、
A4用紙3ページ分を書いてもらいました

内容は、
通知に書かれた不支給の理由に反論するものです

私の不支給の理由は、
「現行の障害の状態は、
障害年金1級、2級または3級の対象となる障害に該当しません」と書かれてました

対象となる障害とは、
「国民年金法施行令別表及び厚生年金保険法施行令別表第1」に規定されていると書かれてます

規定内容は👇の通りです

《3 級》
労働が著しい制限を受けるか又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度のものとする。
また、「傷病が治らないもの」にあたっては、労働が制限を受けるか又は労働に制限を加
える ことを必要とする程度のものとする。

私はクローズ(障害を公表しない)労働をしています

障害者雇用ではなく、
正社員雇用のため普通に働けているから支給しない!
という理由です(おそらく)

それについて実際に受けている配慮を書いて、
労働が著しく制限されていると下記のように反論しました

・体調に応じた休憩・残業免除
・請求人専任の上司以外とのコミュニケ ーション無し
・就業時間中の耳栓使用許可
・上司による常時の管理と指導
・感覚過敏についてなど

(請求書の書類は、
私個人で書いたものではなく、
社労士さんに作成して頂いたため、
公開は難しいです)

(また個人の特定につながる恐れがあるため、
断片的な情報しか書けませんが、
ご参考になれば幸いです)

審査請求は社労士に依頼するべきだと思う2つの理由

審査請求は、
自分だけで書くか、
社労士さんに依頼して作成するか、
悩むと思います

私は社労士に依頼するべきだと思います

依頼すべきです。理由は、
・審査請求は3ヶ月以内と短い期間であること
・請求理由を客観的に書くことが難しいこと

特に請求理由は、
どうしてくれないですか!
こんなにつらいのに!
と感情的に書いてしまいます

客観的に、
この人は障害年金の支給対象である

とわかるように文章を書くのは、
障害の当事者では難しいのが現実です

相手はお役所です
いきどおりや悲しみを書いても動いてくれません

また3ヶ月という短期間で書類を用意する必要もあります

よって社労士に依頼することをおすすめします

審査請求を社労士に依頼するさいの費用は?

相場は2万円ていど
事務所によっては

私の場合は無料でした。
理由は障害年金を依頼した事務所に引き続き依頼したためです。

(HPでは審査請求の依頼料は2万円とか書かれてましたがサービスしてくださったのかもしれません)

もし審査請求が通らなかったら再審査請求があります

審査請求の結果が却下されても、
再審査請求ができます

注意点は通知がきてから、
2ヶ月と1ヶ月短いことです

再審査請求も却下されると、
最終手段として司法裁判所に訴訟ができます
この場合は弁護士に相談するそうです

訴訟の期限は通知が来てから6ヶ月以内です

どこまで障害年金を申請するか、
判断が難しいですが、
受給できれば最低でも100万円もらえます

再審査請求までなら、
社労士に依頼すれば、
数万円程度で、

書類をほぼすべて用意してくれます

ほとんどの社労士事務所で、
再審査請求の依頼料は、
審査請求と大差がないです

費用体効果で考えて、
再審査請求まではやってもいいと思います

まとめ

ポイント

➢障害年金がもらえなくても打つ手はある!
➢3ヶ月以内に審査請求
➢審査請求は法定様式はないが
➢自治体や財務省のHPから入手できる
➢請求理由を書くのが難しいので社労士に相談
➢相場は2万円くらい

審査請求でも、
障害年金がもらえなかった場合も、
さらに再審査請求があります

不支給通知が届き、
とてもショックを受けていると思います

それでもまだやれることがあるので、
ぜひ申請してみてください

関連記事

障害年金の基礎知識は、
【発達障害者向け】障害年金とは。1からわかりやすく解説。いくらもらえる?条件は?にもまとめてます

あわせてご参考ください




私のように働くのが怖い発達障害者へ
社会に定着しやすくなる!

3つの仕事の
支援制度を解説

イラストを用いて
わかりやすくまとめました!