受けてよかった。大人の発達障害を診断するメリットと注意すべきこと

診断

こんにちは。三原たかです

社会人になってから、
ADHDと自閉症スペクトラム
の診断をうけました

大人の発達障害者です

三原たか
この文章を書く
1年ほど前に発達障害の診断を受けました

もし自分が発達障害か悩んでいるかた

診察しようか悩んでいるかたもいると思います

発達障害かもしれないけど
診断を受けてメリットあるの?
と思う人も多いと思います

ぼくの体験談を元に、
発達障害の診断のメリットと注意点をまとめました

発達障害の全般については、
大人の発達障害とは|当事者目線でわかりやすく説明しますをお読みください

診断を受けて変わったこと
☞自分のできないことが努力の問題ではないことがわかる

☞自分が許されたような気がする

☞少し楽になった

☞本当の自分がわかる

 

診断の理由

ぼくが発達障害の診断を、
受けようとしたきっかけは、
転職回数が多いことでした

社会にうまくなじめなかったからです

ふと手にしたADHDの本を読んでいると、
衝動性や多動性で、
周囲を振り回してしまうという話がありました

まるで僕みたいだな、と感じました

大学生の研究室にいたとき、
急に思いついたかのように、
実験を始めたり、
改善案を出したりして周囲を困らせました

積極性があるとして、
良い意味で考えられていたとは思います

それでも僕は、
もっと周りを傷つけない振る舞いしたい

そういう気持ちから、
発達障害の診断を受けようと決めました

診断を受けて変わったこと

診断を受けて、
一番変わったことは、
生きることが少し楽になったこと

本当の自分がわかったことです

僕は昔から
かたよりがある人間でした

できないことできることが、
極端に分かれています

できないことが大きくて、
色んなことの足を引っ張ります

勉強、人間関係、仕事、etc.

自分のゆがみは、
性格や努力の問題ではなくて、
脳の機能障害だとわかりました

うまくできない自分が、
許されたような気がしました

今までの生きかたを、
少しでも楽にしようと見直すきっかけになりました

診断のメリット

発達障害という診断を受けて、
意識して情報を探しやすくなりました

例えば、
ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー)傾向の人は感覚過敏を持つことも多いそうです

ぼくは自覚はありませんでしたが、聴覚過敏のようです

試しに、
職場や居室で耳栓を使うと生活が楽になりました

子どものとき掃除機の音が苦手で、
布団の中にもぐっていました

感覚の受け取りかたが、
歪んでいること、

歪んでいるから疲れやすいことも、
わかりました

また、
不注意で仕事中ミスしたりすることが多いです

何かを忘れてしまうことも多かったです

片づけも苦手です

そういうのは、
ADHDの症状だと分かりました

ADHDの症状は、
薬による治療もあります

人によっては、
世界の景色がパキッと見えるくらい変わるそうです

ぼくはそこまで変化はありませんが、
多動や不注意が少し収まりました

発達障害は治るわけではない

発達障害は、
脳の機能の問題です

治すことはできないです

治すというよりも、
補うという考えかたです

診断と治療したからと言って、
すべて良くなったわけではないです

日々の生活に、
限界感がある社会人をやっています……

それでも、
ぼくはこういう人間なんだ

これは性格や努力の問題ではないんだ

障害ということが、
わかっては楽になったことには変わりません

だから、
診断するか悩んでいる人へ、
メリットを伝えときたい、
と考えてこの文章を書きました

障害者雇用や手帳の申請にも必要

その他のメリットとしては、
障害者雇用や、
障害者手帳の申請に、
医師の診断書が必要です

障害者雇用という、
違う道を模索できます

障害者手帳があると、
1年で数万円を減税できます

手帳のメリットは、
発達障害の手帳を取得するか悩んでいる人に伝えたい3つのメリットをお読みください

注意すべきこと

診断はすぐにはつかない

発達障害の診断は、
すぐに診断がつくものではないです

病院によっては、
初診まで半年待つこともあります

ぼくの場合は
3週間くらいで予約が取れました

初診では判定されないこともあり、
何回か通う必要もあります

診断する前の心構え

「どうして自分が発達障害だと思ったか」

を明確にしておくといいです

発達障害だという気がする程度では、
「深く考えすぎですよ」
と返されることもあるそうです

自分の悩みや苦しいことを、
伝えて理解されないのは、
つらいことです

なので、
事前に発達障害の特徴を知っておくとよいです

もし否定されても、
「自分はこういう理由で発達障害だと思う」
と説明するといいです

診断には明確な基準がない

ぼくは2つの病院で、
診断を受けました

1件目の病院では、
ADHDの単体

2件目では、
ASD確定でADHDの傾向がある

それぞれの病院で、
診断方法が違います

症状によっては
病院との相性があると思います

いくつかの病院を、
巡ることになるかもしれません

2件目の診察内容は、
発達障害の診断をセカンドピニオンしてみたらアスペルガー症候群でしたにまとめています

自立支援医療について

指定した病院と薬局の、
医療費が割引される制度です

都道府県によりますが、
千葉県では費用が1/3になります

医師に診断書を書いてもらい、
市役所に提出します

別の県では、
全部払ってもらえます

発達障害の治療は、
薬やカウンセリングなど高額です

聞いた話ですが、
病院によっては
患者から言わないと、
自立支援医療の説明がないこともあります

確認してみるといいと思います

診断の料金

初診代は、
数千円です

病院によっては、
詳細な検査料としてさらに数千円かかります

病院の探しかた

各都道府県には、
発達障害支援センターが設置されています

支援センターのHPにアクセスすると、
病院のリストがあったりします

くわしくは、
大人の発達障害の病院の探し方と情報サイトの紹介をお読みください

まとめ

発達障害の診断のメリット

☞自分のゆがみは性格や努力の問題でないとわかる

☞自分が許されたような気がする

☞少し楽になった

☞本当の自分がわかる

☞意識して情報を探せるようになる

関連記事

発達障害の情報は、
大人の発達障害だった本人のための診断から障害受容までの治療ガイダンスにまとめています

スポンサーリンク




読みたい記事がわかる!