【学生支援機構に電話した】発達障害者が奨学金を免除するやり方

奨学金の返済って、
かなりきついですよね。

こんにちは。三原たか です。

学生支援機構から奨学金を借りています。

現在返済中です。

発達障害のかたは、
メンタルクリニックの費用や、
体調不良に悩まされて、
定型の方よりも維持費がかかります

発達障害なのに、
さらに奨学金の返済…苦しい…
そんな人は多いと思います

僕もその一人です

そんな方たちに知って欲しいのは、
発達障害を理由に、
奨学金の返済を免除できる、
ということです

やり方を、
学生支援機構に、
電話で確認しましたので、
まとめました

 

発達障害者が奨学金を免除できる制度とは

ポイント

☞障害者は奨学金を免除もしくは3/4減額できる

☞最初から免除申請ではなく猶予や減額申請を通す

☞年収325万円以下が目安

☞猶予や減額を最低1年行う

☞医師に診断書を書いてもらい免除申請

☞免除の通る目安は障害手帳1・2級者とのこと

奨学金の返還されているかたが、
精神もしくは身体に障害を負った場合、
免除もしくは減額できます

学生支援機構に電話して、
確認したところ、

自閉症スペクトラムや、
ADHDなど発達障害も対応している、
とのことです

免除の申請が通るのは、
精神障害福祉手帳の1・2級者が、
多いとのことです

ただし、
いきなり免除申請をするのではなく、
猶予や減額申請を行い、
1年以上様子を見てから、
とのことです

免除は、
全額免除もしくは、
3/4免除とのことです

奨学金の猶予と減額申請とは

奨学金の返還が、
困難になった場合の、
2通りの対応法のことです

①返還期限猶予
②減額返還

この2通りのどちらかを、
申請することで、
免除につながります

それぞれを簡単に解説します

返還期限猶予で一定期間免除

返還が困難になったかたは、
一定の収入を得るまで、
払わなくてよくなります

ただし、
一時猶予なだけで、
最終的には払います

減額返還で月々の支払い金額を減らせる

月々の支払金額を、
1/2または1/3に減らせます

ただし、
返還期限が延長されるため、
最終的な支払金額は変わりません

猶予と減額申請の条件

猶予と減額申請には、
条件があります

収入によって、
どちらかが可能か分かれます

ポイント

☞猶予は年収300万円以下

☞減額は年収325万円以下

年収300万円以下なら、
申請できます

ただし、
被扶養者(子供など)が、
いる場合は、
1人につき38万円の、
枠が増えます

子供が一人いる場合

☞猶予は年収338万円以下

☞減額は年収363万円以下

となります

子ども以外にも、
親への援助、
医療費、
災害事由も、
枠の増加につながります

くわしくは、
>>学生支援機構 返還中の願出・届出

猶予と減額申請の方法

学生支援機構のHPに申請用紙があります

用紙に記入し、
所得を証明する書類、
マイナンバー書類と一緒に、
学生支援機構に送付します

くわしくは、
>>学生支援機構 返還が難しいとき

主婦(夫)も奨学金の猶予と減額申請ができる

主婦(夫)など扶養者がいても、
世帯収入が325万円以上あっても、
奨学金の免除申請は可能です

免除申請の可否は、
個人の収入で計算するためです

猶予と減額申請を1年以上したら免除申請をしよう

猶予と減額申請を1年しましたら、
免除申請ができます

医師の診断書が必要とのことです

免除申請の様式書類は、
HPには公開されていません

学生支援機構に電話をして、
診断書の様式をもらいます

関連リンク

学生支援機構 スカラネットのリンク

各個人の奨学金の返済状況を、
確認できるサイトです

>>スカラネット・パーソナルを見る

学生支援機構の連絡先

猶予や減額申請をすでにされているかたは、
電話してみると良いです

 

まとめ

ポイント

☞障害者は奨学金を免除できる

☞まずは猶予や減額申請を行う

☞年収325万円以下が目安

☞子供や治療費などで枠は増える

☞猶予や減額を最低1年行ってから免除申請

☞医師に診断書を書いてもらう

☞免除の通る目安は障害手帳1・2級者とのこと

関連記事

発達障害者向けの支援については、
大人の発達障害の公的支援制度と医療サービスの一覧。手続きと窓口にまとめています

あわせてご参考ください





読みたい記事がわかる!