新しいことを始めようとするときのワクワクとADHDによる衝動性

こんにちは。三原たか です

大人の発達障害をもっています

(ADHDとASD(自閉症スペクトラム:アスペルガー症候群)

ADHDとは、
注意欠陥・多動性障害のことです。

一般的な人よりも多動性、衝動性、不注意などの傾向がある障害です。

僕は、病院にてADHDと診断された発達障害者です。

ADHDの特性の中で、僕が持つ傾向の一例は

・場当たり的な行動が多い
・色々手を出す
・新しい物が好き
・飽きっぽい

です。

この傾向を持つためかわかりませんが、
新しいことに取り組んだり、今までやってなかったようなことを急に考え始めるときがあります。

考えるだけならばいいのですが、
行動に移してしまい、最初は熱中していてもすぐに飽きて金銭を失ってしまうということがよくありました。

社会人になって自分で使えるお金が増えてから顕著になりました。

物を買うとお金だけではなく、置く場所にも困ってしまいます。

僕が社会人になってから購入して後悔した物は

①EVカーキット

②鉄道模型のレイアウトスターターキット

③ゾイドのプラモデル

恥ずかしい過去ですが、過ちを繰り返さないように懺悔します。

①EVカーキット 約15万

人が乗れるサイズの電気自動車キットです。

僕は一番最初の会社の社員寮で組み立ててました。

社員寮の庭が大きかったので遊ばせてもらいました。

カウル設計しを作ってましたが、結局完成せずに、リサイクル業者にだしました。

②鉄道模型のレイアウトスターターキット 約5万円

山手線 Nゲージの模型を買いました。

Nゲージというのは、鉄道模型の大きさの規格のことです。

左右のレールの間隔が9mmなのでNゲージと呼ばれています。

レイアウトとは、鉄道模型を走らせるために組み合わせた線路のことです。

ジオラマともいいます。
小さい乗り物が好きなので、小型車両も何個かつくり走らせました。

模型メーカーのジオラマ講座に行きジオラマも作りました。

③ゾイドのプラモデル 約3万円

若い人はゾイドを知らないと思います。

動物や恐竜を模した玩具シリーズです。

最大の特徴は、ゼンマイやモーターを動力とし歩行などの動作をするということです。

昔は、コロコロやアニメでメディアミックスもされていました。

動くロボットの機構を勉強したいなと思って、未組立品を購入しました。

絶版のためヤフオクで値上がりしている中で落札しました。

現在は、押入れの肥やしになっています。

まとめ

本当は他にもありますが、この辺にしておきます。

過去の失敗を振り返ると心が苦しくなります。

しかし、①はすでに廃棄してしまいましたが、②と③は持っているためいつでも始められます。

①で人が乗れるサイズの乗り物を作った経験もいつか別の工作に活かしたいと思っています。

だから無駄じゃないと自分に言い聞かせています。

関連記事

ADHDの衝動買い対策として☟こんなことも試してます。

(純金の資産運用)静まれ衝動買い! ADHDの僕が金を買った3つの理由をお読みください。

お金について悩んでいるかたは、
貯金できない大人ADHDが人生を立て直す10の方法をお読みください。





読みたい記事がわかる!