恋愛したい!出会い方がわからない!発達障害者の方へ無理しない3つの方法があります

こんにちは。三原 たかです

大人の発達障害者です
(アスペルガー、ADHD)

恋愛したい!
けどどうすればいいかわからない

普段は出会いがなさすぎて、
どうやって人と知り合ったらいいかわからない

そんな大人の発達障害者に向けて、
・恋愛できなくてもしょうがない
・そもそも向いていない
・向いてない人にも
おすすめの3つの出会い方
をまとめました

 

発達障害者は恋愛が向いてないからしょうがない

恋愛って、
自己肯定感が大切だと思います

相手に、
つきあって欲しいと言うこと

相手と、
つきあうと返すこと

どちらも、
自分にある程度の自信か、

自信のなさを、
くつがえすくらいの、
恋がなければできないことです

私のような、
発達障害のかたは、
今まで色んな、
人間関係の失敗が、
あったかと思います

自己肯定感が低いかたが、
多いと思います

さらに、
・年収が低い
・定職につけない
・家事がうまくできない
・かわいいしぐさができない

そんな、
ジェンダー的にも、
社会から求められることが、
苦手で、

自己肯定感を下げています

だから、
もし自分が恋愛経験が、
まったくない

上手く続けられなかった、
というのはしょうがないことです

衝動性が高いADHDは恋愛が苦手

衝動性がたかい、
ADHD傾向のかたは、

自分の気持ちを、
相手におしつけてしまうかもしれません

衝動性のまま
つきあっても、
飽きたりして、
つきあい続けることが、
難しいかもしれません

受身型の自閉症ならなおさら

ASD(自閉症、アスペルガー)
の傾向のあるかたには、
受身型というタイプがあります

そういう傾向があると、
さらに恋愛が苦手になります

受身型

☞他人を避けはしない

☞自分から積極的に接触を図ろうとしない

☞誘われれば付き合うタイプ

☞女性に多いといわれている

参考文献)自閉症スペクトル―親と専門家のためのガイドブック、ローナウィング(著)
ASD(アスペルガー症候群)、ADHD、LD 女性の発達障害: 女性の悩みと問題行動をサポートする本、宮尾 益知 (監修)

人にうまく声がかけられなかったり、

他人と関わるのが苦手すぎて、
人から声がかけられない

そういうこともあります

体調不良のなか時間をつくるのは大変

そもそも発達障害のかたは、
疲れやすいです

仕事や学業があって、
そんなかで出会いをつくるのは、
大変です

恋愛できないのは、
しょうがないことです

それでも、
出会いがあっても、
自分が発達障害であることで、

恋愛を避けてしまうかもしれません

避ける前に、
👇のような戦略を考えておくとよいです

完璧な人間なんていない。発達障害であるデメリットはつきあってから話そう

発達障害であることは、
つきあうときに言いうのではなく、
付き合ってからいうべきだと思います

どんな人間だって完璧じゃないです

毒親育ちかもしれない、
家が貧しいかもしれない、
病気あるかもしれない、

人にはたくさんの欠点はあります

発達障害は、
その中の、
たった一つです

デメリットを、
つきあうという、
契約の前に、
伝えるのは、

キレイにきっちり事前に言うのは、
正しいかもしれません

けど、
事前に言ってしまうと、
付き合えないかもしれません

もし、
出会ったかたと、
つき合いたいと願ったなら

つきあいたいと、
望んだなら

発達障害であることは、
つきあってから話せばいいんです

けどちゃんと理由を説明すれば、
いいんです

「きみ(あなた)を、
失うかもしれなくて、
怖くて言えなかった」

ごちゃごちゃ言い訳せずに、
ただこの言葉を伝えるべきです

恋愛がしたい発達障害者向けにおすすめの出会い方3選

ナンパできない!
クラブとかいけない!

そんな人向けに3つの出会い方を紹介します

街コン(婚活パーティ)で連絡先を5個ゲット!

一番のおすすめは、
婚活パーティ(街コン)です

8対8くらいの、
男女があつまり、
個別で5~10分ほど、
トークします

トークしたあとに、
自分と気が合いそうな人の、
番号を紙にかいて、
提出します

相性がよかったかたは、
カップリングとして、
イベント後に個別で、
お話できます

最初私は、
カップリングが、
毎回一組くらいしかできなくて、
効率悪いと感じました

しかし、
個別に話した最後に、
連絡先を教えてもらえばよいと気づきました

一回参加するだけで、
5人~8人くらいの、
女性のかたと、
連絡先を知れます

街コン(婚活パーティ)の、
机の上には、
連絡先交換用の、
カードがあるので、
渡し合うとよいです

なければ、
その場でスマホを出して、
LINE交換すればいいです

「また話したいので連絡先を教えてください」

「また話してみたいけど連絡はどうすればいい?」

最後に言うだけです

5分話したくらいでは、
人の相性はわからないです

イベントが終わったあと、
再来週末お茶しませんか、
とメッセージを送ります

(今週末と誘うと、
相手は予定が入ってたり、
余裕がなく感じられ避けられます)

全員からはかえってきませんが、
何人かはきますので、

予定を立てて食事に行けばいいです

女性のかたからも、
とりあえず連絡先を聞いて、
交換するとよいです

男性からすると、
聞くと失礼なのかなと、
遠慮しているケースもありますし

僕たちが発達障害であることを、
隠しているように、

話してみないとわからないことって、
たくさんありますから

地名+街コン(婚活パーティ)で、
検索するとでてきますよ

一例ですが、
【ゼクシィ縁結びイベント】も連絡先を交換できました

相席屋で食べながら出会える

相席屋とは、
見知らずの男女が、
お店で食事をするサービスです

男性が、
女性の分の、
お食事代をもちます

お酒を飲みながら、
食事をしながらなので、
フランクにお話しできるのが、
メリットですね

ただし、
たいていの相席屋は、
2人組が参加条件です

1人で恋愛活動したいかたは、
難しいです

地名+相席屋で、
検索するとでてきます

くわしい感想は、
相席処縁むすびに行った体験談。口コミ・評判。相席屋はどんな感じ?出会えるの?にまとめてます

あわせてご参考ください

マッチングアプリで家に居ながら恋愛できる

スマホアプリを利用した、
異性との出会いかたがあります

マッチングアプリ、
と呼ばれる方法です

お見合いの釣書みたいに、
プロフィールをつくります

お見合いだと、
スーツですが、

マッチングアプリだと、
私服でカジュアルです

どんな相手か、
イメージしやすいですよね

私も使ってみて、
実際に、
女性のかたと、
お会いしました

つかって思ったことは、
実際に対面するまでに、
時間がかかり、
めんどくさいです

女性だと、
登録したら、
50くらいアプローチがあり、

男性だと、
逆に数十はアプローチします

家に引きこもりながら、
自分に会えそうな人を、
探せますが、
手間が多いと感じました

ゼクシィが運営する、
ゼクシィ縁結び

利用者が多い、
ペアーズが有名です


【Pairsを見る】

使ってみた感想は、
アスペルガーの私が婚活アプリを使う理由。子供を望まないなど言いにくい条件を事前に伝えられるからですにまとめてます

あわせてご参考ください

おまけ:SNS(パスラインが長いけど)

ツイッターやフェイスブック

ただ、パスラインは長いです

事前に私生活を知っているわけなので、
もし付き合えたなら、
かなりマッチング率は高いかもしれません

ただ、出会う場所ではないので
無理にやらなくてもいいと思います

まとめ

とりあえずおすすめは、
街コンです。

マッチングアプリは、
やりとりがめんどくさい

相席居酒屋は、
時間がかからないけれど、
コスパが悪い

街コン(婚活パーティ)で、
おしゃべりしたあと、
連絡先を必ず聞けば、
1回の参加で4~8人の連絡先が手に入る

手に入ったら、
喫茶店でお茶をしましょう

まずは1時間くらい
もしくはランチでも誘いましょう

ランチなら、
そんなお金かからないですよ

女性のかたも、
気構えなくていいと思います

お金がない、
発達障害のかたには、
うってつけですよ

今回紹介した、
街コン(婚活パーティ)は、
👇のイベントです




全国展開しています

くわしくは、
【公式 ゼクシィ縁結びイベントサイト】をご覧ください


恋愛したい!
どうすればいいかわからない!
そんな発達障害者向けの記事