アスペルガー大仰型の特徴と解説。【人との距離感がわからなくて礼儀正しく振る舞う】

自閉症スペクトル

こんにちは。三原たか です

ASD
(自閉症・アスペルガー)を、
もっています

大人になってから、
診断をうけた発達障害者です

三原たか
人との距離感がわからなくて、
過剰に礼儀正しく振る舞うことがあります

過度な礼儀正しさは、
コミニケーションが、
苦手な人にありがちなことです

ASDの本を読んでいく内に、
自閉傾向のある人にも見られやすい特徴だと知りました。

アスペルガーの大仰型、
とも言われています

ASDのタイプ説明とあわせて、
発達障害者の距離感について、
説明します

 

ASDの特徴を提唱したローナ・ウィング博士の過去の本では、

ASDは【過度な礼儀正しいタイプ】を含む4タイプにわけて考えられると書いています。

本の中で、
「形式ばった大仰なタイプ」と名付けています。

特徴は、
「過度に礼儀正しく堅苦しい振る舞いをする」です。

「形式ばった大仰なタイプ」がどんなタイプか、ASD当事者目線で考察してみました。

ASDの研究者ローナ・ウィング博士とは

ローナ・ウィング

アスペルガー症候群は、ハンス・アスペルガー博士の研究成果からきています。

それを世に広めたのが、ローナ・ウイング博士です。

彼女が、1981年にアスペルガー症候群と名称をつけました

ローナ・ウイング博士には、娘がいます。

娘は自閉症スペクトラムです。精神科医であり、自閉症児の親でもあります。

ASDのタイプとは

自閉症スペクトル―親と専門家のためのガイドブックにはこのように説明されています。

社会的相互交渉の障害はさまざまなかたちで見られます。

それぞれの間にははっきりした区切りがある訳ではないのですが、

おもに四つのタイプにグループ分けすることで説明がしやすくなります。

ASDは近年の書籍では、4タイプではなく3タイプの特徴があると書かれています。

どこかで考え方が変わったのだと思います。

ASD3タイプについては、
当事者が紹介するASD3タイプ(積極奇異・孤立・受身)の本3選で詳しく説明しています。

今回は、各名称の意味合いを知るため原語の訳を記載します。

ASDの4タイプ目について

4つ目のタイプの名前は「形式ばった大仰なタイプ」です。

良好な言語レベルの人たちに現れます。

彼らは過度に礼儀正しく堅苦しく振る舞います。

うまく振る舞うために非常な努力をし、

人付き合いうのルールに厳格にこだわって対処しようとします。

彼らはこうしたルールを本当には理解していないので、

時間の経過や状況の変化に

応じてとるべき行動の微妙な違いに対応することには、

独特の困難を伴います。

自閉症スペクトル―親と専門家のためのガイドブックより

さらに、ローナ・ウィング博士はこのように述べています。

真の理解がないことから、誤りを犯すことがある

例)家族に対して、見知らぬ人に対するのと同じように馬鹿丁寧

例)ガールフレンドが欲しいASDの男性が、

積極性を持つようにアドバイスを受けて、

見知らぬ女性に近づいて、

非常に礼儀正しく「キスをしていいでしょうか」とたずねる。

ただ、人との距離感がわからなくて礼儀正しく振る舞うというのは僕にはよくわかります。

どうしてかわかりませんが、
【過度な礼儀正しさ】はASDタイプからオミットされています。

積極奇異や孤立、受身ほど人格に影響を及ぼさないと見られているのかと思います。

誰かと関わるときだけ、外面として現れます。

自分の自信のなさにも根源があるかもしれません。

それでも【過度な礼儀正しさ】は、
その人自身を決定づけるものとは、また違うと僕は思います。

他の発達障害者の【過度な礼儀正しさ】

モンズースーさんの生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした に記載があります。

引用します。

会話

仕事のときは定型文を真似して切りぬけているようです。

タメ語が苦手なようです。

日常会話は定型文がないため丁寧語を使ってしまうと書かれています。

自閉症スペクトラムの泉流星さんも、
丁寧な言葉を使う自分について地球生まれの異星人―自閉者として、日本に生きるで振り返っています。

私の話し方もきわだっていた。

純粋に関西の生まれ育ちなのに、
小学校高学年にさしかかるまで、関西弁がほとんどしゃべれなかったのだ。

ごていねいにNHKアナウンサーのような
口調でしゃべっていて、しょっちゅう転校生と間違わられていた。

(中略)

私のほぼ完全な標準語は、
テレビ・ラジオ・レコード、そして本の書き言葉からきたとしか思えない。

私には今でも、
書き言葉を使って話すという特徴がある。

これも自閉症スペクトラムの人に多くみられるそうだ。

私の場合、
話すのは頭の中のワープロで文章を作りながら、その文字を読んでいる感じだ。

この作業をせずにひらめいたまま直接口走ると、

たいてい場にそぐわないことを言ったり、乱暴な言葉遣いをしてしまう。

地球生まれの異星人―自閉者として、日本に生きるより

脳の機能として、
書き言葉を話してしまうそうです。

丁寧であろうという気持ち以外にも、原因がある人もいます。

僕の場合は

丁寧なのは、
距離をおいていたほうが安全だから、という考えからきています。

タメ語よりも敬語のほうが苦手です。

ただ、臨機応変に動けないから敬語の定型文を使ってしまうこともあります。

近くても遠くても難しい

僕は高校生のとき、人との距離感がわからなくてクラスメートに敬語を使っていました。

あるとき指摘されてからは、やめました。

過度な礼儀正しさというのは、必ずしも良いものではない、と人に言われてやっと気づけました。

三原たか
上手く言えないけれど、人間やるのって難しいなって思いました

参考書籍

ローナ・ウィング博士の本です。

1998年初版と少し古いですが、
とても丁寧に自閉症スペクトラルについて書かれています。

当事者である僕は、
自分の理解を深めることができました。

関連記事

発達障害者の特性は、
大人の発達障害とは?その特徴をイラストを交えてわかりやすく解説!にまとめています





読みたい記事がわかる!