大人ADHDのセルフチェックテスト。6問で症状の確認(ASRS-v1.1)

大人ADHDのセルフチェックには、
ASRS-V1.1があります

世界保健機関(WHO)が、
作成したテストです

病院や書籍などでも
よく紹介されています

6つの質問に答えることで、
ADHDの症状の、
可能性を確認できます

スポンサーリンク

ADHDのセルフチェックテスト

6問の質問に対し、
☟の選択を選んでください

全くない

めったにない

時々

頻繁

非常に頻繁

自分が
どの質問で、
どの選択をしたか、
メモしながらやると良いです

1.物事を行なうにあたって、
難所は乗り越えたのに、

詰めが甘くて仕上げるのが
困難だったことが、
どのくらいの頻度でありますか。

2.計画性を要する作業を行なう際に、
作業を順序だてるのが

困難だったことが、
どのくらいの頻度でありますか。

3.約束や、
しなければならない用事を
忘れたことが、
どのくらいの頻度でありますか。

4.じっくりと考える必要のある課題に
取り掛かるのを避けたり、

遅らせたりすることが、
どのくらいの頻度でありますか。

5.長時間座っていなければ
ならない時に、
手足をそわそわと動かしたり、

もぞもぞしたりすることが、
どのくらいの頻度でありますか。

6.まるで
何かに駆り立てられるかのように
過度に活動的になったり、

何かせずにいられなくなることが、
どのくらいの頻度でありますか。

引用:Adult ADHD Self-Report Scale-V1.1 (ASRS-V1.1)(pdf)

ADHDのセルフチェックテストの採点

問1~3で、
③時々・④頻繁・⑤非常に頻繁
を選んだ数

問4~6で、
④頻繁・⑤非常に頻繁
を選んだ数

の合計点が4点以上の場合、
ADHDの症状を
持っている可能性があります

ちなみに
ぼくは6点です

もし4点以上のかたは、
ADHDの症状を
持っている可能性があります

病院での検査をおすすめします

大人ADHDの病院での検査

ADHDは、
「不注意」「多動性」「衝動性」
などを特徴とする障害です

自己コントロールが低く、
人間関係や仕事、人生で、
問題が発生します

発達障害の検査を受けることで、
自分の特性に気づき、
よりよい人生を送りやすくなります

診断を受けようか悩んでいましたら
受けてよかった。大人の発達障害を診断するメリットと注意すべきことをご参考ください

ぼくは
受けてよかったと思っています

大人の発達障害を
検査する病院は少ないです

病院の探しかたは、
大人の発達障害の病院の探し方と情報サイトの紹介にまとめています

あわせてご参考ください

ADHDのテストの体験談

ここからはぼくの体験談です

病院で
紹介したテスト
(ASRS-V1.1)を使って診察してもらいました

同時に、
自閉症スペクトラムのテストもしていました。

自閉症のテストは、
大人ASD(アスペルガー)のセルフチェックテスト(AQ)のページにあります

病院での結果を下記します

結果

A項目6点、

B項目6点

ADHDが疑われます

総合評価:
アスペルガー(自閉症スペクトラム障害) > ADHD

が疑われますが、
二次検査受検をおすすめします

とADHDの傾向があると指摘されました

A項目6点とは、
☝で紹介したテストです

B項目というのは、
ASRS-V1.1には、
後半の12問があります

後半の12問(Bパート)は、
自分での確認用ではないです

医師が、
患者の症状を知るためにあります

病院でASRS-V1.1を受ける機会があれば、
Bパートからアドバイスをもらえます

ADHDのセルフテスト Bパート

☟に引用しますので、
興味があるかたはご覧ください

さきほどと
同様に質問に対し、
☟の選択を選んでください

全くない

めったにない

時々

頻繁

非常に頻繁

7. つまらない、
あるいは難しい仕事をする際に、
不注意な間違いをすることが、
どのくらいの頻度でありますか。

8. つまらない、
あるいは単調な作業をする際に、
注意を集中し続けることが、
困難なことが、
どのくらいの頻度でありますか。

9. 直接話しかけられているにもかかわらず、
話に注意を払うこと
が困難なことは
どのくらいの頻度でありますか。

10. 家や職場に物を置き忘れたり、
物をどこに置いた
かわからなくなって
探すのに苦労したことが、
どのくらいの頻度でありますか。

11. 外からの刺激や
雑音で気が散ってしまうことが、
どのくらいの頻度でありますか。

12. 会議などの
着席していなければいけない状況で、
席を離れてしまうことが、
どのくらいの頻度でありますか。

13. 落ち着かない、
あるいはソワソワした感じが、
どのくらいの頻度でありますか。

14. 時間に余裕があっても、
一息ついたり、
ゆったりとくつろぐことが困難なことが、
どのくらいの頻度でありますか。

15. 社交的な場面で
しゃべりすぎてしまうことが、
どのくらいの頻度でありますか。

16. 会話を交わしている相手が
話し終える前に
会話をさえぎってしまったことが、
どのくらいの頻度でありますか。

17. 順番待ちしなければいけない場合に、
順番を待つことが困難なことが、
どのくらいの頻度でありますか。

18. 忙しくしている人の
邪魔をしてしまうことが、
どのくらいの頻度でありますか。

引用:Adult ADHD Self-Report Scale-V1.1 (ASRS-V1.1)(pdf)

ADHDの検査は、
問診を重視する病院もあります。

必ずASRS-V1.1を行うわけではないです

ぼくは1件目は問診のみ、
2件目でASRS-V1.1を受けました

まとめ

ポイント

☞6問でADHDをチェック

☞4点以上はADHDの可能性あり

☞病院での検査をおすすめします

☞治療、支援などを受けれます

関連記事

発達障害の検査方法を知りたいかたは、
大人の発達障害の検査は何するの。方法一覧とセルフテストの紹介にまとめています

あわせてご参考ください

スポンサーリンク




読みたい記事がわかる!