(純金の資産運用)静まれ衝動買い! ADHDの僕が金を買った3つの理由

金貨と金地金

こんにちは。三原たか です

三原たか
衝動買いに悩んでいます

お金について勉強したところ、
金(ゴールド)について知識を得ました。

金の資産運用
(金投資)という言葉を知りました。

資産運用に興味あるかたは、
個人の資産運用とは|低収入のぼくに合う始め方をお読みください

金について知るうちに、
ADHDの僕の衝動買い対策に使えるのでは、と思いました。

試しに
純金のインゴット10gと、
ウィーン金貨1/10オンス(約3g)購入しました。

この記事では、
なぜ金が衝動買い対策になるか
純金を持つメリット
について説明します

金を買った理由

①金は不変の価値を持つ

②景気が悪くなると価格が上がる

③衝動買い欲求をダイレクトに満たす

純金を持つメリット

☞有事のときは価格が上昇

☞リーマンショック前後では2倍に

☞景気が悪くなると価値が上がる

☞安心、安定した生活につながる

 

金の利点①:不変の金は、永遠の輝き

黄金マスク国立科学博物館「古代アンデス文明展」での写真

8000年前から価値がある

世界最古の金製品とされているのは、
8000年前の古代シュメール人が使っていた装飾品です。

他にはエジプト王の黄金マスクが有名です。

エジプト黄金マスクアメンエムオペト王の黄金のマスク

はるか昔から、
人間は金(ゴールド)に価値を見出してました。

さらに金は化学的に極めて安定しています。

自然界のものでは腐食されません。

いうなれば永遠の価値を持ちます。

永遠の輝きは衝動買いで消え失せない

これ欲しい!と思って買う。

→しばらくたつといらなかったかな、というものがあると思います。

今さら返品することもできませんし、販売しても新品よりも価値は下がってしまいます。

しかし、金ならば衝動買いしてもその価値は不変です。
(手数料がかかりますが……)

1000年たっても金は価値を保ちます

また金の価値は不変ですが、
お金の価値は日々動きます。

それゆえに、
金の価格も日々変化します。

金価格の変化は、
金の持つ特性によっておもしろい動きを示します。

 その動きが、僕の生活に役に立ちます。

金の利点②:株価(景気)と逆方向の価格になる

株価と金相場クリックすると拡大します

こちらのグラフは「入門「金」投資の始め方/ (著)ダイヤモンドZAi編集部 編」より引用です。

横軸が2000年からの時間軸を示します。

縦軸は日本の株価(景気の良さ)と、
金のグラム当たりの価格を示しています。

緑のグラフが、日本の株価です。

赤のグラフが、金の価格です。

ピンクの矢印で示されるように、
景気の良さと金の価格は逆方向の動きを示します。

社会情勢が不安定になると金の相場が上昇する傾向があります。

世界が不安定であるほど、
不変性のある金が注目されるからです。

そのため金は「有事の金」と呼ばれるくらいです。

僕の職業は、
機械エンジニアです。

製造業のあるメーカーで勤務しています。

製造業はどうしても世の中の景気に売り上げが反映されます。

特に中小企業の場合は、ボーナスに影響します。

製造業は有事に弱い

2008年9月15日にリーマンショックが発生

→景気は大低迷しました。

そのとき僕はまだ学生でしたので、大きな影響はなかったです。

バイト先の本屋にサラリーマンが夜勤のアルバイトに来ていました。

給与が減ったためだそうです。

現在、僕の勤めているメーカーでもリーマンショックでボーナスが全額カット!

部署によっては時短勤務になったそうです。

僕は一人暮らしのため、
ボーナスカットしても生活はできますが月給が下がるのは苦しいです。

「有事の金」で波のない生活を送る

けれど、金はリーマンショック前後で約2倍に価格が高まっています。

もし10万円の金を持っていたなら、
20万円になります。

今後リーマンショック級の激変が起きても、金を持っていることで大きなダメージになりません。

私の金の資産運用

景気の良いとき
→ ボーナス(余剰資金)で金を購入

景気の悪いとき
→ 金を売却でボーナスにする

調子の良いときに、
調子の悪い備えができます。

世界の動きに関わらず、
僕はいつも通り生活ができます。

心の安定や平穏につながります。

金の利点③:衝動買いの欲求を発散

臨時収入があるときは、
つい自分へのご褒美として財布のヒモが緩くなります。

残業代や賞与を使ってしまうと、
どうやってもお金が貯まりません。

だからと言って我慢するのも、
ストレスになります。

金は重厚

金(ゴールド)は、
密度が19.32 g/cm3と、水の19倍、鉄の2.5倍の重さです。

金地金10g

写真は10gのインゴットのためとても小さいです。

しかし手に持つと、
見た目に反して重く感じます。

どっしりと安心感があります。

見た目のキラキラした光沢とあわせて高級感があります。

ダイレクトに物欲を満たしてくれます。

金貨はおしゃれな感じ

ウィーン金貨

僕が購入した金貨は、ウィーン金貨です。

ウィーン金貨には、
パイプオルガンや管弦楽器がレリーフされています。

傷つけると価値が下がるため、
ケースに収納しています。

欧米では孫や子どもにプレゼント

欧米では、
子どもの誕生日ごとに金貨を1枚ずつプレゼントするそうです。

結婚するときに持たせる家庭もあるそうです。

孫のプレゼントにも使われるそうです。

日本ではあまりない文化だと思います。

なんだか、アンティークな感じがして僕は好きです。

純金の購入について

僕は田中貴金属の特約店である勉強堂 本店 で購入しました。

調べて驚いたのですが、
アマゾンや楽天でも売っています。

金コインも取り扱っていました。

今どきは通販でなんでも買えるんですね。

ただし、宝石店や地金屋で購入したほうが価格は安かったです。

まとめ

金を買った理由

①金は不変の価値を持つ

②景気が悪くなると価格が上がる

③衝動買い欲求をダイレクトに満たす

純金を持つメリット

☞有事のときは価格が上昇

☞リーマンショック前後では2倍に

☞景気のよいときに金を購入

☞景気が悪くなると売却

☞すると景気の波を受けない

☞安心、安定した生活につながる

金を持つメリットは、
僕には大きいと感じました。

金を定期的に購入するつもりです。

金の資産運用の割合は、
全体の10%と言われています。

まずは10%を目安にします。

売却したさいは記事を書きます。

関連記事

ぼくの資産運用の方針は、
【運用男子の始めかた】40万円費やしてわかったこと。コツコツやって週4勤を目指しますにまとめています

スポンサーリンク